• 財団の概要
  • 設立趣意
  • 沿革
  • 業務・財務資料
  • 役員等名簿
  • 助成事業について
  • 海外留学助成
  • 外国人研究者招聘助成
  • 会議・シンポジウム助成
  • 調査研究助成
  • 助成対象者(直近)
  • 褒賞事業について
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 募集要領
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 受賞者
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 募集要領
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

助成事業について

HOME助成事業について>調査研究助成 募集要領

調査研究助成 募集要領

平成31年度 調査研究助成

趣 旨

糖尿病学の進歩に貢献しうる、糖尿病及び関連分野に関する主に人を対象とする調査研究に取組んでいる団体あるいは個人に調査研究助成金を支給します。

助成件数

3件以内とします。

募集対象

次の要件を満たす糖尿病及び関連分野に関する調査研究で、コメディカルの調査研究も含みます。
なお、基礎研究のみの場合は、原則として助成対象外とさせていただきます。

 (1) 成果について、国内外での学会発表及び専門誌への投稿を予定している調査研究とします。
 (2) 既に実施中の調査研究も応募可とします。

応募資格者

我が国の大学・研究所等学術研究機関に所属する常勤の研究者で、当該調査研究の実施責任者とします。

助成金額及び交付先

1調査研究あたり年間250万円以内、最長3年として助成します。
助成金の交付先は、調査研究の実施責任者が所属する機関等とします。

応募方法

 (1) 当財団所定の用紙に必要事項を記入し、郵送等にて当財団宛ご提出願います。なお、調査研究助成を希望する期間、費用を明確にし、その費用の内訳を年度毎にできる限り詳細に記入し、ご提出願います。
 ・調査研究助成 申請書(様式 調 ‐ 1)
 ・調査研究助成 費用項目申請書(様式 調 ‐ 2)
 (2) 本助成への応募は、1申請者1件限りとします。
 (3) 同一候補について2件以上の申請がある場合には、本財団からの連絡に基づき申請者間で事前に調整することとし、1申請のみ受付けます。

募集期間

平成30年8月1日~平成30年9月28日(当日必着)

選 考

ご提出いただいた資料に基づき選考委員会で選考の上、理事会で決定します。

決定通知

平成30年12月末日までに実施責任者宛に採否を通知します。
(採否の事由は開示しません。)

助成金の交付時期

平成31年4月1日以降の必要な時期迄に交付します。

成果及び助成金使用実績の報告

中間及び最終成果について、実施責任者から当財団宛ご報告願います。

(中間成果報告)
実施責任者より年1回(8~9月頃)所定の用紙にて収支簿とともに必ずご報告願います。
 ・調査研究助成 中間成果報告書(様式 調 ‐ 3)
 ・調査研究助成 収支簿(様式 調 ‐ 4)

選考委員会において、中間成果と合わせて助成金が適正に使用されているかを確認し、助成継続の可否を決定します。

(助成期間終了報告)
助成期間終了後3ヶ月以内に実施責任者より所定の用紙にて収支簿とともにご報告願います。
 ・調査研究助成 期間終了時報告書(様式 調 ‐ 5)
 ・調査研究助成 収支簿(様式 調 ‐ 4)

(最終成果報告)
最終成果物(国内外での学会発表抄録、論文別刷)については、公表後速やかに当財団宛ご提出願います。なお、最終収支簿をあわせてご提出願います。
 ・調査研究助成 収支簿(様式 調 ‐ 4)

成果の公表

 (1) 成果について公表する場合には、「公益財団法人 鈴木万平糖尿病財団(英文の場合にはManpei Suzuki Diabetes Foundation)の助成による」旨をご明記願います。
 (2) 当財団に公表文献の別刷を一部ご提出願います。

個人情報保護に関する事項

 (1) 当財団が本助成に関して取得する個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」に基づき厳重に管理し、選考作業や助成の可否など本助成に関する業務に必要な範囲に限定して取り扱います。
 (2) 本助成が決定した場合、当財団は助成者に関する情報を当財団ホームページ上に一般公開します。
 (3) 応募書類は採否に関わらず一切返却しません。

応募書類の送付先及び連絡先

公益財団法人 鈴木万平糖尿病財団(Manpei Suzuki Diabetes Foundation)
〒103-8234 東京都中央区日本橋3-14-10
【Tel】03-3243-9041 【Fax】03-3243-9531  【E-mail】


   下記よりダウンロードし、作成願います。