• 財団の概要
  • 設立趣意
  • 沿革
  • 業務・財務資料
  • 役員等名簿
  • 助成事業について
  • 海外留学助成
  • 外国人研究者招聘助成
  • 会議・シンポジウム助成
  • 調査研究助成
  • 助成対象者(直近)
  • 褒賞事業について
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 募集要領
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 受賞者
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 募集要領
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

褒賞事業について

鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

第3回 鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

第3回 受賞者 カール・エリック・モーゲンセン博士

カール・エリック・モーゲンセン博士カール・エリック・モーゲンセン博士

カール・エリック・モーゲンセン博士が第3回鈴木万平記念糖尿病国際賞の受賞者に決定しました。

同博士は、糖尿病腎症の分野における長年に亘る広範囲で非常に重要な業績が高く評価されました。特に微量アルブミン尿の発見は、糖尿病腎症の新しい理解に導いたこと、さらに、尿中の微量アルブミンを測定することにより、糖尿病腎症へ進行する可能性を予見できること、微量アルブミン尿を呈する患者群の死亡率が他との比較において有意に高いこと、および血糖値や血圧の厳格なコントロールによってこれらの患者群の予後が著明に改善されることを明快に示されたことなどが高く評価されました。

これらの功績が、糖尿病の研究を通して人類の健康と福祉に寄与した人に贈られる鈴木万平記念糖尿病国際賞に最もふさわしいと高く評価され、受賞が決定しました。