• 財団の概要
  • 設立趣意
  • 沿革
  • 業務・財務資料
  • 役員等名簿
  • 助成事業について
  • 海外留学助成
  • 外国人研究者招聘助成
  • 会議・シンポジウム助成
  • 調査研究助成
  • 助成対象者(直近)
  • 褒賞事業について
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 募集要領
  • 糖尿病療養指導鈴木万平賞 受賞者
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 募集要領
  • 鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

褒賞事業について

鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

第1回 鈴木万平記念糖尿病国際賞 受賞者

第1回受賞者 ロナルド・カーン博士

ロナルド・カーン博士Dr. C. Ronald Kahn

財団法人鈴木万平糖尿病学国際交流財団は、「鈴木万平記念糖尿病国際賞」第1回受賞者を、米国ハーバード大学医科大学院教授であり、糖尿病の研究や教育・ケアで世界的に有名なジョスリン糖尿病センター(Joslin Diabetes Center)の前所長(現在同センター副理事長)であるDr.C.Ronald Kahnに決定しました。

審査委員会は、Dr. Kahnのインスリン受容体異常症の発見から組織特異的インスリン受容体欠損マウス作成など、今日までの永年にわたる一連の研究が、インスリン作用ならびにインスリン抵抗性の発症機序に関する理解に多大なる貢献をしたことを高く評価し、糖尿病の研究を通じて人類の健康と福祉に寄与した人に贈られる同賞に最もふさわしいと判断しました。

同賞は、優れた研究成果が生み出される一方で患者数が急増の一途をたどる糖尿病の現状に鑑み、糖尿病における独創的且つ卓越した研究の進展に寄与することを目的に、財団設立15周年を記念して創設しました。

この賞が今後糖尿病の研究者の目標となり、糖尿病学研究の一層の進展と福祉の向上発展に資することを期待します。